30代サラリーマンが英語、投資を勉強する

英語、投資を中心に、日頃の気づきを記していきたいと思います

スポンサーリンク

アメリカでの運転!日本との違い・注意点

スポンサーリンク

f:id:spacebrake:20180519191552j:plain

こんにちは。@spacebrakeです。

本日はアメリカでの運転の仕方・注意点についてです。

アメリカでの運転!日本との違い・注意点

国際免許を取得しておく

まず日本で国際免許を取得しておきましょう。そうすれば1年間はアメリカで運転することができます。

1年以上運転する場合は免許取得が必要になります。私はミシガン州で免許取得しましたが、筆記試験1回と実技試験1回やるだけで合格です。

アメリカでは教習所はないとのこと。さらに免許を取れる年齢も日本よりも低くく公共交通機関が日本に比べてない影響かと思いますが、ちょっと心配。

交通ルールの違い

右側通行

いうまでもなくアメリカでは車は右側通行です。慣れるまでは気をつけないと逆走してしまいそうになります。気をつけましょう。

右折可

アメリカでは基本的に信号が赤でも交差点の右折可です。日本とは逆に右折禁止の標識があります。

止まっているとクラクションを鳴らされますし、禁止の場所まで右折してしまうと捕まりますので気をつけましょう。

飲酒について

これも公共交通機関があまりない影響かと思いますが、飲酒運転に対する考え方も日本とは違います。

詳しくは省略しますが、アメリカ人の感覚では飲んだら飲むなというよりは酔ったら乗るなって感じでしょうか? ただし酔って運転した場合の罰則は日本以上です。なんでも自由だけど自己責任という文化ですね。

速度標識

 標識やスピードメータの表示はマイル表示です。キロメートルの1.6倍のためキロメートルに慣れている日本人からするとイメージがつかめません。まあ単位に関してはコレだけでなく。インチや°F`等アメリカは独自の単位使いまくりです。

共通化宜しくお願いします。

車の取得について

 車を購入する場合は日本よりも中古車を購入する傾向が多いかと思います。購入する方も多いのでその後売却する場合も高く売ることができます。

まとめ

 アメリカでの運転、車の取得については、日本と違う点が多々あります。1つ1つ確認した上で、進めましょう

アメリカ生活については以下の記事でも書いています。

www.spacebrake.com

www.spacebrake.com

www.spacebrake.com

www.spacebrake.com

今回は以上です。