30代サラリーマンが英語、投資を勉強する

英語、投資を中心に、日頃の気づきを記していきたいと思います

スポンサーリンク

コストコだけじゃない!アメリカスーパーのおすすめ3店

スポンサーリンク

f:id:spacebrake:20180530203614j:plain

こんにちは。@spacebrakeです。

 

今日はアメリカのスーパーについて書いていきます。アメリカではやはりスーパーにも様々な特徴がありますので、結構楽しめます。

 

コストコだけじゃない!アメリカスーパーのおすすめ3店

アメリカのスーパーマーケットの特徴

 色々な種類の商品を取り扱う

 とにかくやはり規模が大きいです。りんご、チーズ、オレンジジュース、牛乳等々。

本当に様々な種類があります。値段も様々!違いを探すのも楽しいです。

 

 グレープをみんな自由に食べてる

  代替入り口の近くにフルーツの売り場があり、オレンジ、アップル等並んでいますが、その中で皮をむかずに食べられるグレープをみんな自由に食べてます。試食しても良いとなっているわけではないのに。。

 

量り売りなので、後から買う人が損をするわけではないですが、それにしても食べまくりで驚きました。ひどい人は自分のかごで買い物しながらグレープを食べ、最後に返してました。。。

 

 おすすめ店 Whole foods market

f:id:spacebrake:20180530205358p:plain

 少し全体的にお値段は高めですが、オーガニックの野菜や果物が豊富に揃っています。

さらにお惣菜的なもの、スープのバイキング等もあり、おいしいものが揃うスーパーです。

 

 おすすめ店 TRADER JOE'S

f:id:spacebrake:20180530205652p:plain

 日本でもエコバックを持っている人を時々見かけるトレーダージョーズもオーガニックのものも豊富に揃えるスーパーで、僕の通っていた店はアジア、日本の食材も多く取り扱っており、とてもお世話になりました。

 

100円ワイン、ピンクソルト、エコバック等も有名で日本へのお土産を買うためにもお世話になりました。

 

 おすすめ店 日本食材スーパー

やっぱりアメリカにいても、日本食が食べたくなります。日本に比べると3倍近い値段がして、冷凍のものが多くなりますが、大抵のものは日本スーパーにいけば買うことができます。

 

冷凍納豆が$3以上します。

 

まとめ

 アメリカのスーパーは日本に比べて規模が大きく、楽しいところがたくさんあります。アメリカに行った際にはぜひ立ち寄ってください!